先輩たちの声  「 いつもありがとう、またよろしくね。」この言葉を聞くことが、薬剤師になって良かったと思う瞬間です。2014年入社採用担当速水英明

薬剤師と患者さんとの間の「絆」をつくる、目指している薬剤師の姿がありました。

実務実習中に友人から「薬剤師ってなにをしているの?」と聞かれた時にまだまだ薬剤師は身近な存在でないと思い、同時に悔しさを覚えました。もっと子供から高齢者まですべての人にとって近い存在である薬剤師になりたいと思い、就職活動を始めました。そんな時に出会ったのがロングライフです。医療モールは多数の診療科が集まるので、偏りのない幅広い知識と経験をつむことができ、さらに患者さんも月に何回も薬局に訪れることで、薬剤師と患者との間に深い「絆」が生まれると思いました。実際に薬局見学、社員方の話を聞くことで、ここなら私が目指している薬剤師になれると思い志望を決意しました。
「いつも感謝しています。またよろしくね。」この言葉を頂いたときが薬剤師になってよかったと思う瞬間です。最初は処方箋を見ただけでは、どんな症状なのかわからないことばかりでしたが、先輩薬剤師から1つ1つの処方箋を解説してもらうなど現場ではOJTが実施されているので、今では処方内容をみるだけで患者さんがどんな状態なのか予想ができるようになりました。現在はロングライフの中でも大型の医療モールにて勤務しており、毎日薬や病態の勉強に追われています。また最近では顔と名前を覚えてくれる患者さんも増えることで、やりがいへとつながり、日々成長していると実感することもできます。

薬剤師になってまだ1年、しっかりとした研修制度や先輩薬剤師からの丁寧な指導で
日々自分が薬剤師として成長している実感を感じています。

ロングライフでは月に1度社内勉強会があります。薬剤師業務、薬剤、薬、福祉、介護など内容は多岐にわたります。さらに、若手薬剤師を対象にした勉強会も月に1度開催しています。普段触れることがない処方内容も学ぶことができ、その他にも薬歴の書き方など多くの研修が用意されていることがロングライフの魅力だと思います。

また、現在勤務している薬局では、門前の内科医と定期的に連絡会を開いています。内容は患者さんが服用していている薬のことから病態のことまでと幅広く話合うことで医師と連携をとり患者さんに適切な医療を提供できる体制を整えていることも医療人としてのやりがいの一つです。

ロングライフは「人の成長」を重視する風土があり、勤続年数にかかわらず、役割を与えてくれます。現に私は、学生との距離が近いことからリクルーターとしても活躍しています。普段は薬剤師として働いていますが、時には大学へ訪問、会社説明会など学生と交流することで、ロングライフの魅力を伝えています。また、ホームページ作成に携わるなど仕事も多岐にわたり、どうすれば学生にもっと魅力を伝えることができるか、日々試行錯誤しています。

人の特性や興味を見極め、役割を与えてくれるので、やる気を持って仕事に取り組むことができます。そして気付いた時には一回りも、二回りも成長している自分に気がつくことのできる会社だと考えています。

image

image

ページの先頭に戻る

  • 教育・研修
  • 先輩たちの声
  • 2018年入社水谷早希2018年入社早川慶子
  • 2008年入社薬局長吉田萌生
  • 2014年入社採用担当速水英明
  • 2012年パート薬剤師大塚紗恵子

新卒採用

先輩たちの声

薬剤師育成奨学金制度

採用に関するお問い合せ